カードローン審査が通りやすいところは?

個人信用情報機関では数ヶ月支払いを延滞して居る場合は5年、自己破産等で支払いができなかった場合は7~10年ほど、記録と残ります。
この個人信用情報機関に残っているその人の過去の取引記録をブラックリストというようです。

一度、ブラックリストに載ってしまうと、少なくても5年はローンできないのか・・・
時々ある「ブラックOK!」といううたい文句のカードローンは、いわゆるヤミ金みたいな雰囲気のところがほとんどだしなぁ・・・
と思うかもしれませんが、名の知れたカードローンであっても、ローンすることができるところがあります。

一つ目がライブドアクレジット。
こちらは審査が通りやすいカードローンとして1、2位を争うといわれるほどのところ。
その他の業者借入れも5社まではOKで、その他の業者借入れ数が多い人でも、わりと融通が利きます。
ライブドアという有名な会社がバックについているので、安心もできますよね。
しかも、金利も15.0%~と、審査が通りやすいわりには低金利となっています。

もう一つはディックです。
こちらも審査が通りやすい会社として有名で、その他の業者のローンが、最高で7件まで許容されています。
その他の業者は多くても2~3社程度で断られることが多いですので、7社までOKだというのは大変な魅力です。
ローン内容についても、金利が12.88%~と低金利となっています。

普通のカードローンではなかなか審査に通らない・・だとか、過去に破産などをしたことがあるけど、急にお金が必要になったといった、何が何でも審査に通りたいという人でしたら、まずはこの二つのカードローンを試してみるべきです。

融資審査が通りやすいカードローン

カードローンから融資を受ける際、その審査が通りやすいかどうかは重要なポイントとなる人も多いはずです。

特に、その他の業者借入れ件数が3~4件ある多重債務者にとって、融資先を探すのは一苦労となるでしょう。

審査が通りやすいとされるカードローンはたくさんありますが、多重債務者であれば、その門はどんどん狭くなってきます。

けれども、探せば5件以上の借入れがあっても、カードローン審査が通りやすいについての最新ニュース!!でもしない限り、融資を受けることができる審査が通りやすいカードローンもあります。

また、いくら審査が通りやすいといっても、ブラックに載ったことがあれば、融資なんて受けられないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、過去のブラックリストは一定期間で消去されますし、ブラック可能な一般のカードローンもあります。

例えば、ライブドアクレジット。
こちらはその他の業者借入れが5件までOK。
審査の柔軟なカードローンとして1、2位を争うといわれるほどのところです。
ライブドアという有名な会社がバックについているので、安心もできますよね。
しかも、金利も15.0%~と、審査が通りやすいわりには低金利となっています。

もう一つはディックです。
こちらはなんと7件までの借入れが許容範囲となっています。
ローン内容についても、金利が12.88%~とその他の業者借入れ件数が多いわりには、かなりの低金利です。

無審査で借りられるとか、絶対借りられると宣伝をうっているカードローンはヤミ金であることが多いです。
ヤミ金は違法であるがため、法外の利息を請求することがほとんどですので、絶対におすすめできません。

カードローンの独自審査

カードローンも多数あります。

TVCMなどを流すほど大手のところや、CMなどでは見かけなくても、インターネット上では良く名前をみかけるところでしたら、わりと安心してローンすることができるでしょう。

しかし、男性週刊誌やスポーツ新聞の広告欄で「独自審査でどなたでも即日融資」とか「他店断られた方でもOK!」だとか、「必ず貸します」なんて広告を出している会社は、ちょっと怪しい雰囲気があります。

ローンしようと思ったとき、怪しげなところは避けたいと思うのは、誰でも一緒ですが、収入の面などで不安のある人でしたら、独自審査という言葉に惹かれるということもあるのではないでしょうか。

カードローンは一般に、個人信用情報機関へローン希望の方のデータを照会し、その結果にて借入れの可否や、額を算出します。
その会社の系列によって、問い合わせる個人信用情報機関は異なるようですが、方法が同じであれば、独自審査とはいいませんよね。

独自審査をうたい文句にしているカードローンは、わりと怪しげなところが多いようですが、ぷらっとなど、プロミスという大手の子会社であっても、独自審査を売りにしているところがあるようです。

こういった場合の独自審査は、より柔軟な対応をしてくれるということを意味してる場合が多く、つまりは審査が通りやすいということのようです。

明らかにヤミ金といった雰囲気の会社ではなく、大手企業がバックについて居るような場合でしたら、この独自審査を売りとしてるカードローンは、なかなか審査に通りにくいというような人にとっては、おススメできるカードローンなのかもしれませんね。

カードローンの審査が通らない理由

カードローンの審査は意外と厳しく、審査を申し込んでも、約半数が審査を通らないといわれています。

しかし、審査が通りやすいといわれるカードローンはたくさんありますし、ブラックリストに載っていても借入れできるところはあります。

では、なぜ審査を通らない人が約半数もいるかというと、審査の基準を知らない人が多いからです。

一度、カードローンの審査を受け、たとえ通らなかったとしても、その理由は教えてもらえませんので、基準を知らないと、たまたま審査が通りやすいとされるカードローンにめぐり合うまで、同じことを繰り返してしまうことになります。

審査を通らない理由はいくつかありますが、その大半の理由が、実はその他の業者借入れ数の超過です。
カードローンの審査においては、残りの返済金額の合計よりも、その他の業者借入れ件数のほうが重視されます。
カードローンはその他の業者に何社まで借入れがある場合まで、審査が通るのか宣伝することができないという事情があるため、一般にはなかなか知られていませんが、このその他の業者借入れ件数を知っているかどうかで、審査のとおりやすさがかなり変わってきます。

また、申し込みブラックといい、短期間に3社以上のカードローンに申込みをすると、多重債務になる可能性が高いと判断され、貸付を受けることができなくなってしまうこともあります。

他にも、勤続年数が3ヶ月未満であるとか、居住確認や在宅確認が取れない、職業が金融会社の社内規定でNGとなってる、自宅電話や携帯電話が料金未納で止められているなど、様々な理由が絡んできますので、一度審査に通らなかったときは、これらの原因に思い当たる節がないか、よく確認してみることが良いと思います。